メルカリ仕入れ→Amazonせどりで仕入れる商品の判断基準は?

せどり

こんにちは、なるきちです。
今回は私が行っている手法である

『メルカリ仕入れ→Amazon販売』

での仕入れる商品の判断基準について書いていきます。

 

仕入れる商品の判断基準って最初は難しいですよね。

・そもそも仕入れにお金を使うこと自体が怖い
・どの商品カテゴリ、商材がいいのか
・どの出品者から仕入れるか
・商品コンディションや状態
・モノレートの見方があっているか
・単価や個数

などなど。

今回はメルカリ仕入れについて具体的に書いていこうと思います。

 

仕入れる商品の対象

『商品を仕入れて、売り、利益をだす』

せどりだけでなく、商売は何事もそうですが
我々は利益を出すために活動しています。

 

なので、仕入れる商品の対象としては
再度になりますが、『利益の出る商品』ですよね。

 

『利益の出る商品』かどうかは
『モノレート』『デルタトレーサー』『Keepa』
を見ることによって判断ができます。

※モノレートは2020年6月末でなくなりました。

 

『モノレート』『デルタトレーサー』や『Keepa』は
商品の売れ行きと相場がわかる画期的なツールですよね。

ネットのない一昔前の店舗商売って、
『売れるかわからない商品』を目利きやら独自の判断で在庫持って販売していました。

 

こう考えると、
一昔前の小売店やリサイクルショップは結構リスキーな商売だったんですが、
今はネットが普及して、商品データの確実な売れ行きに基づいて商品の仕入れができます。

 

なので、このモノレートの見方さえ『確実な1つのスキル』として
身につけることが出来たら、『売れる商品だけの仕入れ』ができますね。

 

本当に便利な時代になりましたよね??
最先端のIT系を駆使して恩恵受けてるなぁとしみじみ感謝してます笑

 

少し話がそれちゃいましたが・・・

モノレートデルタトレーサーの見方や商品コンディションについてです。
新品商品でしたら、シンプルなグラフの読み取りだけで想定通り大体売れます。

 

ところが、中古商品には各商品の『コンディション』が存在します。
この『コンディション』の判断基準も非常に重要な要素になります。

 

中古商品って、コンディションによってはめちゃくちゃ高値売りできるわけです。

例えば、
メルカリで仕入れた商品のコンディションが『ややキズや汚れありの商品』だったとします。

しかし実際に検品してみると、新品同様の商品が届いたりするわけですね。

 

そういった商品をAmazonで『ほぼ新品』として出品して
利幅が大きく取れるものもかなりあります。

↓高値売りに成功したポータブルテレビ。相場は22,000円~28,000円ほど。
仕入れ15,000円→販売34,800円
利益16,271円(47%)


こういった形で、高値売りできる商品もあるわけです。

 

こちらは、仕入れ値の倍で販売!
仕入れ6,980円→販売14,980円
利益6,215円(41%)

上に挙げたもので、合計利益2,2万円ほどです。

会社で働くより自力でこうやって稼げた方が良くないですか!?笑
もちろん個人で稼ぐのは楽ではありませんが・・・^^;

 

メルカリにはこういった商品が溢れているわけです。
利益がでる商品を上手く高値で販売できたら稼げますよね。

 

ここからはメルカリ出品者の心理についての解説になりますが、
基本的にクレームを恐れて悪めのコンディションで出品される方が多いです。

『綺麗目だけど、クレームや返品が面倒くさいから悪めのコンディションで出そう』

って人か、

『コンディションぐらい多少盛っても何も言われない!強気で売る!返品は不可!!』

って人の二手に分かれます。

 

ちなみに、メルカリは購入者絶対優遇です。
商品コンディションを偽った出品者には同等に対応してくれません。

 

返品を拒否した場合、最悪商品の無償提供になります。
私は何度も無償提供してもらったことがあります。笑

 

つまり、後者の方は大損するリスクしか無いわけです。
そうすると必然的に悪めのコンディションで出品する人が多いですよね?

そういった商品を仕入れて綺麗にして高値売りするリユース業ができるわけです!

Amazonの中古商品の販売に関してはまだまだノウハウがたくさんありますが、
他との差別化を意識するだけで『高値でも買って頂ける』ってことです。

 

大前提として、売り値の0.7×(70%以下)で商品を仕入れる

商品を仕入れるにあたり、大前提の『仕入れ値』についての解説です。

仕入れ値の基準についてですが、
これは人によって利益率の基準が違いますので、少し変わってきます。

 

私は利益率の最低基準として、15%を目処に仕入れています。

 

中古で15%の利益率は低くないか?って思うかもしれませんが、
在庫の回転率などが早ければ問題ない!という主観です。

意外と、高回転で薄利な商品をスルーしてる方多いです。

 

また、中古商品といえど、商品には『相場』があります。
モノレートの見方が正しければ、確実に判断した相場で売れます。

 

ここで、一定の相場で確実に売れる商品の金額内訳を例として記載します。

【相場が10,000円、仕入れ7,000円商品の場合】

①売上:10,000円
②仕入れ:7,000円(原価率70%)
③Amazon出品手数料:1,000円(10%)
④Amazon配送手数料:500円(5%)
⑤利益:1,500円(15%)

①売上・・・Amazonで売れた商品の売上ですね。

②仕入れ・・・商品の仕入れ値です。

③Amazon出品手数料・・・家電は基本的に10%,まれに15%

④Amazon配送手数料・・・FBAの配送料ですね。小型は大体1個500円前後です。
%化すると売上の約4~5%になります

⑤利益・・・①,②,③,④の手数料を差し引いた金額が手元に残る利益になります。
想定利益が15%を目処に仕入れます。

Amazonの手数料は売上の15%で統一してもほぼ問題ないでしょう。

 

利益率の求め方についても記載しておきます。

利益率の求め方

利益率=利益÷売上(Amazonの売上価格)×100

上記の例ですと、
利益1,500円÷売上10,000円×100=15%
利益率=利益÷売上(Amazon価格)×100

おおよそ上記の方法で仕入れる商品を判断して仕入れをしていきます。

 

直近で仕入れた商品の手数料や利益はこんな具合ですね。

①-③の手数料は売上の15%です。
④の手数料のみ、売上の20%引かれてまね。

手数料は、売上×0.15 or 0.20で反映されます。

 

リサーチのコツさえ掴むことができたら、
この判断基準に沿って商品を吟味していくだけになります。

 

仕入れる商材やカテゴリ

商材や商品カテゴリについては
いくらでもあるのですが
『小さくて単価の高い商材』が理想的です。

 

物が小さい→送料を抑えることができる、一箱に大量の商品を詰めれる
単価が高い→必然的に価格差が生まれやすく、利幅が取れる

上記に当てはまる商材は激戦区ですが、やる価値がありますね。

 

また、そういった商品を仕入れていく中で大事なことが、『派生』させることです。

『リサーチは連想ゲーム』ともよく言われますがまさにその通りです。
この連想ゲームができて、より頭が柔軟な思考ができてくると、仕入れ幅も広がります。

 

例として、りんごから物事を派生させますと・・・

りんご→赤→トマト→野菜→玉ねぎ

果物→バナナ→猿→ゴリラ→チンパンジー

 

こんな感じでリサーチ用語を派生させます。
『マジカルバナナ』とも言いますね。

通常の会話コミュニケーションでも派生させることで会話が盛り上がったりします。

 

自分の頭で商品カテゴリが浮かばない場合は、
メルカリの商品からバンバン派生リサーチをします。

 

例をあげますと、
テレビ→テレビ関係で使える付属品や機器など

ポータブルテレビ、TVチューナー、ブルーレイレコーダーなど。

 

メーカー名→パナソニックやシャープ

メーカーが取り扱っている商材

 

最初は難しいですが、慣れてきたら何でも派生できます。

 

出品者の傾向を掴む

フリマアプリには様々な商品を出品している出品者がいますが、
中には不良品を偽って販売している出品者もいるわけです。

 

私は何度も不良品を仕入れて返品を食らう、という痛い目に会ってきました。

 

その経験から、仕入れを避けるべき出品者の傾向にある共通点を発見しました。
仕入れを予定している出品者の商品一覧は必ず確認して仕入れをします。

 

仕入れNGなアカウントタイプ

私が仕入れないように気をつけているのが下記の出品者

・家電を大量に出品している
・評価が異様に悪い
・新規アカウント

ざっくり言うと上記3つです。

 

メルカリで家電を大量に出品してて評価が悪い出品者に関しては、
その方から仕入れるのは辞めましょう!

 

理由は明確ですね?

 

Amazonや他プラットフォームで返品された動作不良・訳あり在庫を
コンディションを偽って大量に出品しているからです。

 

動作不良品を出品する理由としては、

・在庫をとにかく現金化したい
・クレームが来たら最悪取引キャンセルで損切り予定商品

ぐらいでしょうか。
あまりこの手法で派手にやりすぎるとメルカリアカウント止まりますが。

 

もし動作不良品を出品するなら、
ヤフオクで『部品取りジャンク出品』が確実で返品の心配もありません。

 

新規アカウント出品者に関しても、
不良在庫出品用アカウントの可能性があり、怪しい商品が多いので止めましょう。

直近ですと、新規アカウント作成のハードルや本人確認も厳しいですが・・・

 

仕入れOKなアカウント傾向

多少の家電製品を出品している方でしたら、大丈夫なケースが多いです。

 

・該当メーカーのAmazon出品制限があった
・小口出品でも売れないため、メルカリ販売に切り替えた
・家電系のリサイクル業者やその類い

 

上記理由から、動作不良品ともあまり考えにくいのです。

ただ、出品制限のある商品は共通していることが多いのでそこは気をつけましょう。

 

業者から縦積み仕入れが可能

メルカリでリサーチをしていると、同一カテゴリ商材をバンバン出品している出品者がいます。
いわゆる業者ですね。

 

そのような業者と繋がり、定期的な連絡を取り合うだけで仕入れをすることも可能です。
動作確認に関しても、しっかりとされていますので不安要素ありません。

 

上手く行けば、メール一通のやり取りで分給5万の利益とか余裕であります。
業者のリスト構築もスプレッドシートで管理して仕入れができていくとより強固な資産になります。

 

まとめ

商品の仕入れ基準について解説してみました。

不明瞭な点がありましたらぜひお申し付けください!

商品の仕入れに関する無料相談ジャッジも受け付けてますので、
仕入れ先やデルタトレーサーのリンクを添付した上でメールをくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました