Amazonでユーザー権限を設定する方法とは?

せどり

こんにちは、なるきちです!

今回は、
Amazonでユーザー権限を
設定させる方法について書いていきたいと思います!

 

せどりである程度の規模感になってくると、
どうしても必要なのが『外注化』になります。

 

外注化をすることで、
利益に直結しない作業は他人に振ることができますよね。

 

自分一人で帳簿付けやら納品作業をずっとしていると
体力的な限界や、『これは自分がやってても時間の損失だし他の人でもできるよね?』

って感じてくる部分が必ずあります。

 

で、外注化をする上で必要な作業の一つに
Amazonアカウントへのログインがあります。

 

自身のアカウントへ権限設定してログインさせることができたら
ラベル作成作業なども全てスタッフさんに振ることができますからね。

 

 

また、この記事では、
作業を外注化する以前に絶対知っておくべき
各アカウントへのログイン権限の重要性についても書きます。

 

これを知らずにネットビジネスをしていて

『Amazonアカウントが突如止まってしまった!』

という悲しい話を聞いた事例もあります・・・

 

Amazonのユーザー権限とは?

簡易的にユーザー権限についての説明をします。

Amazonアカウントのユーザー権限ですが、

『自分の出品用Amazonアカウントを他の人に操作させるために別途設定されたログイン権限』

です。

 

『自分のメアドとPWを教えてログインさせれば良くないか?』
って思ったかもしれませんが、それは断固NGです。
その理由は、後ほど解説します。

 

各モールへの出店ではユーザー権限の設定が必須

Amazonの他にも、
様々なネットショップのプラットフォームがありますね。

 

スタッフさんへ作業を任せたりする場合は
他のプラットフォームも同様に権限設定はマストです!

・楽天
・ヤフショ
・au PAY
・Qoo10

などなど。

 

ヤフオク、メルカリ、eBayなどの個人売買を想定とした
プラットフォームにはユーザー権限の設定がありません。

 

Amazonでユーザー権限を絶対に設定すべき理由

これについては、
先程も記述した通り『アカウントBAN』になりうる要因を避けるためですね。

 

下記は具体的なアカウントBANの事例です。

①過去に停止となったアカウントとIPアドレスが紐付いて既存アカウントがBAN

②現在も出品している既存アカウント①と既存アカウント②を同一IPアドレスからログイン
※Amazonでは個人での複数アカウント所持を公式で禁止。法人は原則1個のみOK※

 

 

要するに、
ユーザー権限を設定予定の外注スタッフさんに
自身のAmazonアカウントのメアドとPWを教えてログインさせる
以下の危険な理由が十分に考えられるからです。

 

①外注スタッフさんが以前出品用アカウントを所持していた。または現在も出品している

②外注スタッフさんがカフェなどのフリーWi-Fiで接続して
以前BAN対象になったアカウントとIPアドレスが紐付いている
(フリーWi-Fiは同じ回線から不特定多数が色んなサイトに接続している。)

③過去にBAN対象となったアカウントに権限設定をされずにログインしていた

 

などが十分に考えられるからです。

 

②についてですが、
以前BAN対象となったアカウントと紐付いていたIPアドレスであっても
権限設定をしてアカウントにログインをしていた場合に限り、
アカウント停止になった事例は聞いたことがないです。

 

もし②のケースで万が一アカウント停止となっても、
その理由と正当性などを論理的に説明すれば
アカウントの再開はできるかもしれませんね。

 

 

上記に挙げた様々な理由からわかる通り、
自身のAmazonアカウントに外注スタッフさんをログインをさせる場合、

 

外注スタッフさんにメアドを別途作って頂き、
そこからユーザー権限を与えた上でログインさせる必要があります。

 

 

具体的なAmazonの権限設定方法

早速、ユーザー権限設定方法について書いていきます。

 

・設定前の下準備

■外注スタッフさんは出品用アカウント用に新規メアドを作成
(私のスタッフは購入用Amazonアカウントのメアドからログインできなかったようです。)

 

■2020年8月現在は外注スタッフさんでも2段階認証が必須のようなので
『050アプリ』をDL or 認証アプリを利用します。

セキュリティの為にもしておいて損はないでしょう。

 

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする- - Google Play のアプリ
SMARTalkはスマホの通話料をトコトン安くするSMARTalkサービスの公式IP電話(VoIP)アプリです。 050の番号で携帯や自宅、お店の電話への通話料金が最大60%安くなる。海外へも8円/30秒(非課税)とお得に通話可能です。しかも初期費用・月額基本料0円! (SMARTalkをご利用いただくにはSMART...

 

Google 認証システム - Google Play のアプリ
Google 認証システムにより、スマートフォンで 2 段階認証プロセスのコードが生成されます。 2 段階認証プロセスは、ログイン時に 2 つ目の確認手順を求めることで Google アカウントのセキュリティを強化するものです。パスワードに加えて、スマートフォンの Google 認証システム アプリによって生成された...

 

 

 

①自身のセラーセントラルを開いて、
画面右上の『設定』から『ユーザー権限』をクリック。

 

 

②画像赤枠の『氏名』『Eメールアドレス』に
外注スタッフさんの連絡先を記入して『招待』をクリック
③外注スタッフさんに招待メールが届くので登録して二重認証を通過後にログイン。

 

 

④先程の②の画面で自身のアカウントから権限の内容を設定します。

 

以上が設定方法です。
次の項目でオススメの設定を書いてます。

 

 

Amazon公式の解説HP

ユーザー権限の設定と編集 - Amazonセラーセントラル

 

なるきちが実際にしているオススメの権限設定内容

私のユーザー権限の話になりますが、
私は現在2名の方にAmazonアカウントへのログイン権限を設定してログインさせてます。

 

■帳簿付けスタッフさん

帳簿付けして頂いているスタッフさんには
『商品ラベル、配送ラベルの作成』をして頂いてます。
この作業はログインが必要ですよね。

 

 

■FBAマルチチャネル配送依頼担当スタッフさん

私は2ヶ月近く売れない不良在庫を
ヤフオクに流すわけですが、そこで使うのがこのマルチチャネル。

Amazonアカウントへユーザー権限を付与して、不良在庫の配送先手配をして頂いてます。
マルチチャネルに関する利用方法を書いてますので見ていってくださいね。

 

 

帳簿付け外注スタッフさん(ラベル作成)

外注スタッフさんに
商品・配送ラベルを作成させる場合の設定方法です。

 

下記画像の『在庫』→すべてをクリックしています。

下記画像で設定されている
・『マケプレプライムのパフォーマンス』
・『在庫健全化ツール』
は不要ですね^^;

 

 

返品商品の帳簿付けも私はさせています。
この場合は下記設定になります。

『レポート』欄の『Amazonフルフィルメントレポート』をクリック。

 

FBAマルチチャネル配送依頼スタッフさん

こちらは先程と一緒です。

 

 

『注文』欄の『注文管理』をクリックです。

 

ユーザー権限を設定した場合、売上金やレポートは見られる?

設定した時点で、
売上金やレポートがデフォルトで見られる仕様ではないか?
と思うかもしれませんが、

見ることはできません。

 

権限付与後に別途設定をする必要があります。

 

ネットビジネスでは原則的に他人にIPアドレスを貸さない、利用しない

↑のタイトルは私が徹底していることですね。

ネットビジネスにおいては、
他人とIPを共有することがリスク以外の何物でもないです!

 

↓これらは一切貸さないほうが良いでしょう↓

・自身のポケットWi-Fi、テザリング
・自宅のWi-Fi

 

IPアドレスと紐付けに関して書いている記事もありますので、
こちらもご覧くださいね。

↓↓↓

ネットビジネスを行う上で必ず抑えておきたい基礎知識

 

サブアカウントを運用する上で、絶対に行ってはいけない権限設定

私はこちらの『Tas』さんという
物販に関する情報発信をされている方のTwitterやYouTubeをフォローさせて頂いているのですが、
この権限設定について知らなかったことがありましたので、記事にてシェアさせて頂きます。

 

Amazonでサブアカウントを運用する際、
サブアカウントに『権限設定』をすることにより、
既存アカウントのパソコンと紐付かず(アカウント停止にならず)にログインができるわけです。

 

しかし、権限設定を行う最中、
絶対にしてはいけない設定について
動画にてまとめられていたのでその解説を記事形式で行います。

 

Tasさんの動画はこちら。他の動画も非常に有益な情報が多いです。

↓↓↓

【外注化】 Amazonアカウントの権限付与をする際の注意点! スーパーユーザーの設定には気をつけましょう

 

 

記事での要約/解説に入っていきますが・・・

 

ユーザー権限を設定する際、下記画像で記入している欄は
設定を触らずに『なし』のまま権限付与をサブアカウントに行います。

 

ユーザー権限付与ページ→『設定』欄→『ユーザー権限』ですね。

Tasさんが動画内で仰っているのはこちらの『ユーザー権限』欄の説明文にある
『スーパーユーザー』になるのではないでしょうか。

 

こちらの設定を有効にして、既存アカウントのPCからログインすると
一発でアカウントが停止になるようです。

 

私も知らなかったのですが、
ここの設定は見落としがちですし、

 

 

 

私も知らなかったのですが、

ここの設定は見落としがちですし、
サブアカウントを運用する際は気をつけたいですね。

 

まとめ

Amazonでのユーザー権限を付与・設定する方法について開設してみました。

 

権限を設定する以前に、まずは『外注化』が必須です!
外注化に関する記事も書いていますので、良かったらご覧くださいね。

せどりの外注化のコツは?単価や契約書などはどうする?
せどりの具体的な外注化とは?何が外注化できる?自分一人で全てのせどりに関する作業をやっているとタスクが多すぎて、いずれ頭打ちになってきます。そこで新たにスタッフさんを雇うことで・利益に直結しない無駄な作業の削...

コメント

タイトルとURLをコピーしました