せどりの外注化のコツは?単価や契約書などはどうする?

せどりの具体的な外注化とは?何が外注化できる?

自分一人で全てのせどりに関する作業をやっていると
タスクが多すぎて、いずれ頭打ちになってきます。

 

そこで新たにスタッフさんを雇うことで

・利益に直結しない無駄な作業の削減
・効率化

をすることが必要になります。

せどりの外注化ですが、大まかに分けると3つになります。

①リサーチ・仕入れ担当

②記帳担当

③検品・発送担当

各項目をそれぞれ解説する前に、
スタッフさんを採用する際のコツについて解説していきます。

スタッフさんとして誰を雇うべきか?

雇うスタッフさんの属性についてですが、

『30代在宅ワークの主婦』

だけです。この世代1択です。

 

僕が30代主婦さん限定にする理由は下記

・子持ちで在宅ワークの需要がかなり高い

・家にいてスキマ時間で稼ぎたい方が多い

・子供がいるため、お金を稼いで子供に食べさせるという使命感・モチベーションがある

・誠実な方が多く、責任感を持って仕事に取り組んで頂ける

・ノウハウの盗用目的の心配がない

・体力もある

・荷受けスタッフさんの在庫持ち逃げもない

・長期的に働いて頂ける(最低半年以上)

以上が30代の主婦さんを採用する理由ですね。

 

また、私が経験してきた例から
30代主婦を除いた各世代の傾向・デメリットを参考に挙げます。

・20代女性:責任感がなく、バックレ常習犯が多い
・40代女性:機械音痴や、癖が強い方が多い
・全世代男性の応募:ほぼノウハウ目的です。

 

人の悪口、批判を世代ごとに書いてるように思った方もいるかもしれませんが、
そんな意図で書いていないのでご了承下さい^^;

あくまでも、この物販ビジネスの外注化というカテゴリ内の話です。

 

報酬単価、支払日について

スタッフさんの報酬単価については、
相場より高い報酬にすることで責任を持って長く働いて頂けます。

シンプルに、安い給料より自分を評価してくれて高い給料の方が良いですからね!
相手にとっても、働くモチベーションUPになりますし、毎日気持ち良く働いて頂けます。

 

あまり報酬をケチりすぎたり、コキ使うような対応をすると
相手にもテレパシー要素的な何かで伝わりますからね。

ネットでやり取りする商売と言えど
人と人とのやり取りなので
そこは信頼を構築して大事にしていきたい所です。

 

報酬の支払日については、

・月末締め翌月25日払い銀行振込ですね。
特に決められた報酬日などはないので、
好きなように決めます。

 

ちなみに、僕のスタッフさんの報酬は

検品スタッフさん:単価220円
記帳スタッフさん:単価100円、(ラベル作成別途1回400円)

でやっています。
時給換算でも通常のアルバイトと変わらないぐらいの報酬ではないでしょうか。

 

余談ですが、
私の記帳スタッフさんは
独立してから今までの2年間ぐらい仕事を手伝って頂いてます。

今まで常にPDCAを意識して変化していった中、
ずっと一緒に仕事して頂いているとは…なんか感慨深いですね。

 

Amazonせどりでは
仕入れにクレジットカードを使いますし、
溜まったポイントをスタッフさんに還元すると
喜んで頂けます。

 

応募説明文の書き方

スタッフさんを募集するにあたり
応募説明文を書く必要があるわけですが、
ここでは応募説明文のコツを紹介します。

 

応募説明文をどうやって書いたらいいかわからない方は、
クラウドワークスなどに現在掲載されているものを参考にしましょう。

※最近は規約違反・規制が非常に厳しいので、
1から自分で考えて応募記事を書くより
掲載審査を通過して掲載されている記事を
参考に加筆・修正した方が良いですね。

 

クラウドワークス・ランサーズで
下記キーワードを組み合わせて検索すると外注さんの募集記事が見れます。

 

検品スタッフ用キーワード
『通販 Amazon ネットショップ 物販』
        ×
『代行 納品 検品 荷受け 発送』

 

記帳スタッフ用キーワード
『通販 Amazon ネットショップ』
        ×
『記帳 出品 データ入力 画像 アップロード』

上記キーワードを参考にして、スタッフさんを募集します。

 

外注化のコツ:応募する際の簡易的な履歴書の作成

応募説明文欄に
応募テンプレート(簡易的な履歴書)の欄を作成しましょう。

職歴、自己紹介、趣味、近況などを記載するように書いた
『応募テンプレート』を作成します。
いわゆる簡易的な履歴書ですね。

 

応募説明文を一通り書き終えたら、
クラウドワークスなどの応募説明文に下記を記載します。

 

『応募される方は応募テンプレートをコピーして応募して下さい。』

 

この文言を追加する理由は、
ある程度、変な人をスクリーニング(※除外、省くこと)することが目的です。

こちらは募集要項、指定履歴書を用意しているのに、
『募集してますか?』など一言メッセージで来られても困りますよね…?

 

上の例以外にも、

・質問に対してシンプルな回答でやる気の無さそうな文章
・書き言葉に違和感を感じる方
・電話面談で受け答えが悪い方

は不採用にした方が経験上良いです。

 

①リサーチ・仕入れ担当

結論から言うと、
仕入れスタッフさんの
外注化はかなり難しいです。

 

スタッフを採用していざ始めるぞ!ってなった時や、
採用後、数日リサーチした程度でバックレとか普通にあります。

それぐらいリサーチってしんどい作業なことなんですよね。
よっぽどリサーチが好き、単純にメルカリで商品を購入するのが好きって方以外は。
採用するに当たり、
モノレートの見方を1から指導・教育する必要もありますし
他にも膨大な時間を削ることになります。

 

ざっと考えたのですが、
外注化するに当たり
下記の項目は最低でも作成したい所です。

・リサーチ動画のコンテンツ作成
・文字化したPDFファイルの作成
・モノレートの見方、判断
・商品コンディション判断、商品選定

他のよくある手法としては、
自分で構築した商品リストを巡回させる手法もあります。

 

しかし、この手法はあまり効率的ではありません。

それをやるぐらいなら自動交渉・通知ツールなどを回して、
通知が来た商品をスタッフさんにリストとしてまとめて貰い、
そこでスタッフさんに仕入れの基準を教育させて仕入れる方が圧倒的に楽です。

上の文を簡潔にまとめると

①リスト構築したツールを回す
(一度構築したら手動で人間がやる必要のない作業です)

②通知が来た該当商品をスタッフさんにまとめさせる

③まとめたデータの仕入れ判断を一緒にやって少しずつ教育していく

④スタッフの仕入れ判断と自分の仕入れ判断基準が合致したら全ての作業を振る

これならスタッフさんと共同作業で連携感と信頼の構築も出来てより良いですよね。

リサーチ担当の単価、報酬はいくら?

リサーチの報酬単価、報酬の相場ですが、

おおよそ

『5-10円』前後です。

この単価ならスタッフさんがすぐに辞めるのも頷けます。

 

単価10円で100件リサーチして1,000円ですね。
時間にしてもざっと3,4時間はかかるでしょう・・・

時給換算にすると、250~350円前後です。
数時間リサーチしてこの報酬は正直萎えますよね。

 

在宅ワークの相場って、
時給換算で通常のアルバイトの半額って言われてます。
1時間で約500円といったところでしょうか。

 

時給300円前後のリサーチ業務は
いくら在宅ワークにしても安すぎてモチベーションも上がりませんね。汗

 

せどり始めたての頃は実質無給・時給0円で働くのが
普通になりますがそれでも厳しすぎる現実です・・・^^;

 

私がもし、仕入れを外注化するなら
先程の前項目で挙げたツールを使用した手法で
『1件仕入れて100円の報酬』といったところでしょうか。

スタッフさんの報酬的にも悪くは無いですし、
こちらもリサーチせずに仕入れができるのでWin-Winですよね。

 

②記帳担当

こちらの業務はノートPC一台で簡潔する作業なので
応募したらすぐにたくさん来てくれます。

記帳スタッフさんに私が任せている業務は下記です。

 

・メルカリで仕入れた商品の記帳

仕入れた商品の品番やらASIN、金額などを記入して頂きます。
商品説明文にはテンプレートを用意しているので簡易的な文言追加。

例:液晶画面右下にキズありなど。

 

・仕入れた商品の進捗管理

・メルカリで仕入れた未発送の商品は発送されたか、
・発送済で未配達商品はないか
・検品スタッフさんの検品漏れがないか
などですね。

 

・週に1回の商品ラベル作成、配送ラベル作成

商品ラベル、配送ラベルの作成ミスがないか。
小型、大型の配送ラベルの画像を撮影させてダブルチェックです。

※配送先や納品箱数を間違えたら、
FBAの在庫反映まで1週間かかりますので
要注意です。

 

・納品された商品の画像アップロード

納品した商品がFBAに反映されたら、
Amazonにログイン権限を与えて画像をアップロード

Amazon及びマカドへのスタッフログイン権限の設定方法はコチラ(作成予定)

 

・その他

メルカリで仕入れた動作不良品の返品対応など

記帳スタッフさんの1日の平均作業時間は20-30分程度の作業量でしょうか。

検品スタッフさんも同様ですが、
慣れたら高速で作業できるのでその分時給単価も上がりますね。

私は手法の関係上、
毎日仕入れがあるので
スタッフさんを応募する際は
毎日作業できる方を必須項目で募集しています。

 

③検品・発送担当

こちらの業務は関東から関西までの間の方を対象に募集をかけます。
理由はシンプルに送料が安いからですね。

検品スタッフさんに私が任せている業務は下記になります。

・荷受け

スタッフさんに都度商品を受け取って頂くのも中々大変なことですよね?

治安の良い場所が大前提ですが、玄関前に120Lの収納ボックスを置いてます。

 

収納ボックスの代金ですが
Amazonで約5000円程度かかります。

スタッフさんの負担を考えたら安いものかな、と思います。

これなら配達員さんも荷物を収納ボックス中に納めるだけなので楽です。
今まで商品の紛失・盗難の経験もありません。

 

・開梱

商品トラブルがあった際の為に、
伝票は動作確認するまで保管させましょう。

メルカリでトラブルが起きた際に
必要になるケースがあります。

 

・検品

各商品に必要なUSBケーブルなどを準備しておきます。

Amazonには便利なマルチUSBケーブル、マルチACアダプターがあります。
3,000円ぐらいですので、そちらを購入しましょう。

 

・清掃

2020年7月現在、
コロナウイルスの影響で消毒液・アルコール関係の商品が品薄です。
ペットウェットシートなどを使って清掃します。

 

・撮影、画像アップロード

撮影枚数は基本的に4-7枚が理想です。

撮影背景は白です。
(撮影ブースがない場合は白画用紙などを利用します。)

 

↓商品画像の撮り方・手順↓

1枚目 コードや説明書・元箱を含めた商品全て
2枚目 商品本体の表
3枚目 商品本体の裏
4枚目 商品本体の左右
5枚目 キズ・スレなどの箇所
6枚目 シリアルナンバー
(よくあるすり替え防止です。
実際には商品ページには乗せませんが証拠として保持します。)

キズのある部分などは隠さずに
画像を撮影してもらいましょう。

 

撮影した画像は『グーグルドライブ』上に
データを保存して頂きます。

そこから記帳スタッフさんが
画像をダウンロードしてAmazonにアップロードする形ですね。

 

・梱包

梱包時に、
手書きのサンクス&フォローレターを同梱することで
悪い評価』を付けられる可能性が激減します。

良い評価も貰える比率が確実に上がります。

 

基本的に、
中古品は新品と違って評価が貰いにくいです。
ですが、サンクスカードを添付して
別途フォローメールを送るだけで評価を頂けたりします。

 

サンクスレターはもちろんクラウドワークスなどで募集します。

1枚単価5円で請け負ってくれる方がいますので、
名刺サイズのカードを購入して必ずやりましょう。

 

名刺サイズの可愛いカードが100枚で800円、
外注費が100枚×5円で500円。

送料を加味してもたった2,000円ですので
赤字になってでも絶対にやりましょう。

 

特に新規セラーの方は最初で悪い評価を貰ったら
確実に稼いで行くのが難しいのが現状です。

 

・発送

ヤマト便を使います。

ヤマト便について解説した記事はこちら
記事の下部(見出し1-5)に解説があります。

 

・送料の支払いについて

送料って基本、現金払いのイメージですよね。

一応クレジットカード払いもできますが、
スタッフさんにクレジットカード渡すわけにもいきません。

そこで活躍するのが

ナナコカード

です。

 

登録手順はたった4ステップです。↓↓

①ナナコカードをセブンイレブンで購入・作成(手数料200円)
②ナナコ公式サイトでカードとクレジットカードを登録
③公式サイトへログインしてナナコカードにクレジットカードのチャージ登録
④セブンイレブンで店員に『残高確認』を行う

 

セブンイレブンで購入できるプリペイドカード/電子マネーですね。
このナナコカードを使って送料が支払えます。

①ナナコカードをセブンイレブンでゲットしたら、
ネットの公式サイトから資金チャージが出来るようにナナコカードの登録を行います。

②ナナコカードの登録が出来たら
ナナコカードに紐付けるクレジットカードを登録します。

③紐付けたクレジットカードから代金をネットの公式サイトでチャージします。

④代金がチャージされたナナコカードを
セブンイレブンに持っていき、店員さんに『残高確認』を依頼します。
※入金確認のようなものです。

 

簡単ですよね?
現金を送料支払いでやると管理が面倒なのでカードで済ませましょう。

※送料支払い時にTカードを通すことでTポイントも貯めれますよ!!

 

・納品代行について

ネットで外注化について検索していると、
『納品代行』なる会社や組織が多数存在しますよね?

利用しようか迷う方もいると思いますが、
私は『オススメしません』

 

自分の思うように作業が進まなかったり、
納品が遅れたり、不満点があるけど伝えても改善してくれない・・・

などなど。あと月額固定費もあります。

さらに、商品単価ごとの料金が結構高かったりします。


サービスに見合った金額でしたら
契約してもいいと思うのですが、
割高なイメージがあります。

 

ちなみに、私はカメラせどり専用の納品代行会社と契約しています。
プロレベルの検品・撮影・発送までして頂けるハイクオリティなものです。
業界内でも相当なものではないでしょうか。

そういった会社との契約でしたら断然オススメできますよね。

 

納品代行を使わずに自分で外注化するメリット

個人レベルの事業ですと、
自分で組織化をした方が将来のスキルアップにも確実に繋がります。

 

サクッと納品代行会社に全て投げてしまうのも
ありっちゃありなんですが、

将来約に立つスキルやメリットが得られるか?
と言われると微妙ですよね。

 

スタッフの応募、採用、教育、改善点などを
自分で考えて行動する方が絶対に有意義です。

『人を雇う』という貴重な経験・視点を持つことができます。

それに、自営業って基本、
自分で頭使って考えてやっていかないと厳しいです。

 

将来、事業拡大や店舗経営をするにしても
いずれ必要な経営スキルの1つであることは間違いありませんよね。

 

今後の社会ってより厳しい生活や
困難が待ち受けていると私は思ってますが
こういった小さなスキルも
自分で考えてやってればチリツモです。(チリも積もれば山になる)

 

スキルは基本的に目に見えない資産ですが、
自分の頭の中のデータとして
蓄積されるものなので消えませんよね。

人と違う経験をしてきたことって、
必ず役に立ちます。

 

そういった意味合いでは、
この『せどり』で習得した各々のスキルも役に立ちます。

 

せどりって小規模で大した事なさそうに一見見えますが、
ビジネスの基本や経営、資金繰り、税金を学べて
小規模でリスクなく安定して稼げる事業だと私は体感してます。

 

普通の店舗とかだと数百万、
何千万も借金してリスク負って経営するわけです。

さらに、2020年5月現在
コロナウイルスによる実店舗経営破綻とかニュースで見かけます。

昨今は給付金や無利子の融資もありますが、
借金や税金の対象ですので毎月の支払いがいずれ来ますよね。

 

毎月の売上が立たないけど店舗を運営。

仕入れやスタッフの人件費、家賃だけで
毎月数百万のお金がでていく恐怖やリスクがあります。

 

そんなことに比べたら、
小規模で可愛らしい事業のせどりですが
しっかり稼げます。

まとめると、

自分で考えて行動して外注化しましょう!

ってことです。

 

自社ネットショップなどを構築して稼がれている方も
『せどり』から始まってます。

何にせよ、せどりはネットビジネス先駆者の原点ですね。

 

外注スタッフさんとの契約書は必要?身分証明書の確認はどうする?

結論、
契約書は作ります。
身分証明書も確認します。

 

トラブルが起きた場合、お互いを守る為にも必要なものです。

前述した項目で外注先は『主婦限定』と書いたことにも繋がりますが、、、

 

主婦だと、旦那さん、お子さんと生活しているため、仮に

・検品スタッフさんの在庫の持ち逃げ
・記帳スタッフさんのメルカリ売上金横領

を行おうとしてもそうそう逃げれないですよね?

 

主婦さんを採用するのはそういう点も考慮してのことです。

万が一、引っ越しと同時に在庫持ち逃げ、逃亡を企んでも、
住所の転送届を出す必要があるわけで、いずれ足がつくわけです。

 

ちょっと警戒しすぎだろ!?信頼ないの!?
って思う方いるかもしれませんが、
個人事業主や自営業なんて、誰も守ってくれません。

全部自己責任の世界ですね。

 

保証された身分や安定した会社とは違って、
個人で考えて生活するので仕方ないことです^^;

あらゆるリスクと危機を想定する必要があります。

 

作成する書類は『業務委託契約書』

私の場合は、
採用後から約1ヶ月『トライアル』期間を設けた後、送付します。

契約書の種類としては、『業務委託契約書』になります。

 

アルバイトやパートなどの『雇用契約』ではなく、
自分で行っている仕事を他の人に振り分ける『業務委託』形式なので、
外注先は個人事業主扱いの業務委託契約書になるそうです。

 

外注先の税金はどうなるの?って思った方。

実は個人事業主として外注さん個人で支払う形になります。
なので、外注さんの税金計算などは不要です。

 

業務委託契約書のフォームについては、
下記の書類を参考までにご覧ください。
※私が実際に送付した書類です。
紙1枚の簡易的な書類ですね。

私とスタッフさん双方がサインした書類を1人1枚ずつ保持します。
(書類作成はお互い保持する必要があるため合計2枚です。)

※本来、100万以下の契約では収入印紙200円が必要なのですが貼り忘れてます。

『業務委託契約書』でググるとすぐに出てくるので、
加筆・修正したものをスタッフさんに送付するかたちになります。

 

身分証明書の確認

ここは人によると思うのですが、
私は確認してます。

 

免許証か健康保険証ですね。
契約書の送付先とずれてたりしたら
ちょっと危ないかもしれません。

っていうのも、
検品スタッフさんに
数十万円相当の商品を預けるわけですからね。

 

何かあってからでは遅いです。
在庫持ち逃げされて足取りつかなくなったら
泣き寝入り以外ないですよね^^;

 

記帳スタッフさんのも確認してます。

私はメルカリ・ヤフオクで高単価なカメラや不良在庫も捌いており、
売上金が各プラットフォームにあります。

 

昨今のフリマアプリって売上金の振込をする際、
以前利用していた口座番号の入力後、新たな口座に振込可能だったり、
本人確認あったりするわけ?で、安心といえば安心なのですが^^;

 

今の所、振込先を変えたりもしていないので、
実際に売上金が盗めるのかの検証及び確認はしてません。

一応、何かあってからでは遅いですので・・・

 

ヤフーショッピングやAmazonなど大手プラットフォームは
ログイン権限で管理できるのでそこは安心して利用できますよね。

 

以上、
外注化についてざっくりと書きましたが、
結構なボリュームになりましたね。

読者様のお役に立てれば幸いです。

コメント

  1. […] とりあえず、そういった面倒な作業は人を雇って外注化しましょう。 こちらに、外注化に関する記事をまとめてますので、ぜひお読み下さい! […]

  2. […] せどりの外注化のコツや注意点はこちら 良かったらご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました